イメージ画像

老眼は40歳から症状が出始める!?

老眼とは、簡単にいうと近くのものが見えにくくなる状態のことで、40歳前後から症状が出始めると言われています。
眼の水晶体部分が厚くなったり薄くなったりすることで、近くのものと遠くのものを瞬時に判定しているのが通常の状態ですが、老眼の場合はその機能の働きが上手にできなくなります。
大体40歳くらいからほとんどの人に老眼の症状が現れはじめ、ゆっくりと進行していきます。
眼鏡をかけたりコンタクトレンズなどをするのが一般的ですが、最近ではレーシックを受ける人も多くなってきています

老眼でもレーシックは受けられる?

40歳を過ぎた頃から気になりはじめる老眼。
もしも老眼の方が、近視や遠視の方と同じようなレーシックを受けるとどうなるのでしょうか
よく言われている老眼を治療するための方法は、CKやモノビジョンレーシックなどです。
これらは新しい治療法として注目されていますが、遠くを見る視力が低下するかもしれないという影響が心配されています。
近くのものは見えやすくなるかもしれませんが、その他の影響が心配であるといえます。

老眼治療ならリスクを解決できる!?

レーシック眼科 老眼治療
品川近視クリニック リーディングアイ
錦糸眼科 SUPRACOR (スープラコア)
湘南メディカルクリニック 老眼治療 Vue+(ビュープラス)
神戸神奈川アイクリニック 遠近両用白内障手術

通常のレーシックでは遠くを見る視力に影響が出る可能性がある点が心配ですが、このリスクを回避できる治療法があります。
それは、角膜に小さなリングを入れる「カムラインレー」という老眼治療で、老眼の度合いを問うこともなく、視力を回復できるのがカムラインレーの特長です。
老眼が気になってくる40歳頃から手術が可能で、近視や遠視がある人も施術可能です。
手術にかかる時間は10分ほどで、日帰りでもできるほど手軽なので、多くの人が手術を受けています。

白内障手術後も治療が可能

白内障の手術により、屈折がほんの少しずれることがあります。
そんな方でもカムラインレーを用いることにより、老眼の治療が可能になります。
手術を受ける条件は、年齢が40歳から65歳で現在白内障や緑内障の症状がない方です。
また、白内障の手術を受けた方は、手術から半年以上経ってからでないと手術を受けることはできません。
これらの適応条件を満たしている方であれば、老眼治療とレーシックとを同時に受けることができます。

このページの先頭へ